Wedding Party Image

結婚披露宴での自分らしいヘアアレンジ

私は3年前に結婚式を挙げました。
幼いころからウェディングドレスにとても憧れていたので、結婚が決まってからは色々なウェディング情報誌を購入したり、インターネットでウェディング情報を検索したりしながら、ウェディングドレスやヘアアレンジ、ブーケなどのイメージを膨らませました。
実際ドレスを試着してみると、自分がいいなと思っているドレスはいまいち似合っていなかったり、このヘアアレンジが素敵だなと思って試してみてもいまいちだったりと、自分がいいなと思うものと自分に本当に似合うものは違うことがわかりました。
自分らしさがでるような結婚式にしたかったので、自分に似合うものが見つかるまで何度も試着を繰り返し、時間をかけて1つ1つ決めていきました。
仕事をしながらでしたので、結婚式の打ち合わせや結婚式で流すプロフィールビデオなどの作成で、毎日とても忙しい日々だったのですが、ずっと幼いころから憧れていた結婚式のためでしたので、どの作業も楽しみながらこなすことができました。
時間をかけて1つ1つを決めていったので、その努力の甲斐があり、結婚披露宴当日には、本当に自分の気に入ったものばかりを身に着けて式を挙げることができました。


結婚披露宴は式を挙げる二人にとって一生に1度であろう特別な日ですし、新郎新婦の友人や会社の同僚、親戚などが一同に集まり二人を祝福してくれる、新郎新婦にとっては親しい人たちから祝福してもらうことのできる本当に幸せな一日になります。
そんな結婚式の一日だからこそ、後から後悔のないように自分に一番合ったウェディングドレスやカラードレス、またそのドレスの合わせるヘアアレンジやブーケなど、細かい所までこだわり最高の自分で結婚式に臨みたいと思いました。
後から写真を見返してこのドレスや髪型を選んでよかったと思えるようにどれも満足のいく仕上がりにしたいという思いがありました。
そのために何度も試着を繰り返したり、美容院でいろいろな髪型に挑戦させてもらったりしました。
またブーケは花屋さんへ行き、直接自分のイメージを伝えてオリジナルで作っていただきました。
全て後悔のないようにという一心で頑張って準備してきたのですが、いろいろなことが1つ1つ決定していき、たくさんあった決定しなければいけないことの準備が整った時には、結婚式前にもかかわらず達成感でいっぱいになってしまいました。
今は結婚式から三年が過ぎましたが、たまに夫婦で写真を見返しては懐かしく思い出しています。
結婚披露宴につけていくアクセサリー選びについての解説もあります。参考になさってみてはいかがでしょうか。